*All archives* |  *Admin*

2013/02
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陰性水草水槽のメンテ
先日はダラダラしてしまったので、今日は朝から外の水槽の水替え。。。

午後からは、室内の水槽のメンテで、特に陰性水草水槽のメンテナンスをしました。

まず、流木ごと水槽から水草を取り出します・・・例によってモサモサです。



そして、、この木酢原液を霧吹きで全面に吹きかけます(注:家の中でやってはだめですよぉ)・・・はい、黒髭苔対策です(*ノ´□`)ノ
ずっと黒髭苔がなかったのに、水草も生体も追加してないのに突然で出しました。。。



元々、流木を入れ過ぎていたようで、メンテしていたら流木が余りました・・・これで、また勉強用の流木が増えましたわ。



こんな感じにすっきりさせて水槽に戻します・・・素材はいい感じなのに、良いレイアウトが出来ないのはただ単に私にセンスがないのかと。。。とほほ。



で、黒髭が出だした原因として、ソイルの寿命によるPHの上昇。サイアミーズ・フライングフォックスが1匹だけになり、更に高齢なので黒髭を突かなくなった・・・ぐらいしか思い当たらないので、流木+水草を戻す前にソイルを吸い出して、新しいソイルを入れました。



ついでに、水替えの水にテトラのPH/KHマイナス(PH降下剤)を規定量入れました・・・これ、持続性はないのですが、簡単にPHが降下しますね(下がり過ぎて怖いくらい・・笑)
カエルのマグネット作ってたら手を切ったので、ゴム手袋して作業してます。。。



PH降下剤を入れたので、生体が急変でびっくりしないようにゆっくり水を入れます・・・その間だけテラリウムのようですね。

スポンサーサイト
ブセはピンチカット!カット!
こんにちは!

昨日やったことなのですが・・・

うちは、かなりの数のブセがあります。

一つの溶岩石に付いてる株で、この大きさです(^ ^;)



なので、たまに手入れをしないと大きくなり過ぎてしまいます。

根がしっかりしているのは、切って別の溶岩石に巻いて増やします。

が、この画像で約半分なので、すごい時間がかかってしまいます・・・疲れました。




因みに、こんなに増えると思ってなかったので、もう種別は出来てません(笑)
機材は揃いました・・・
速足で行きまぁーす。

まず、前々回の素材を入手しました・・・より、今度は機材が届きました

よって、設置場所を作成し始めました。。。
ん?・・ただの水槽の立ち上げだろって?
ちがうんだなぁ~・・・・・・・・・

揃えたの石と木、そして水槽とソイル(9L)だけでしょ・・・足りないでしょ。

つまり、ショップによくあるレイアウト勉強用の水槽です(=ゝω・)ノ
これが自宅にあるって、おもろくないですか?(あれ?俺だけ?・・・面白いと思うんだけどなぁ~)

但し、まだ台になるところを完成出来てません・・・

来週ぐらいに設置して、ソイル入れて、石組とか流木のレイアウトの勉強をします。
(センスを磨くためというのもありますが、こうやって遊ぶのが好きなんです)



続いて、先日(2/16)に池袋の東急ハンズでのタナカカツキ氏(さん)×奇譚クラブのトークショーに行ってきました。

わたしがタナカカツキさんを知ったのはアクアプランツ誌の2011 No,8です・・・なので、面識はないのですが、ちょっと前から知ってたので、なんとなく親近感があります。

また、ご自身がアクアリウムを好きではまりきってるのに、「もっと人生で大事なことない?」とか言っちゃうところが嫌いじゃない・・・



さて、東急ハンズで買ってきたのは、タナカカツキさんのサイン本と、この50mlの可愛いビーカーと、その後ろに写っているカエル(゚▽゚* )

爬虫類系のマグネット、増えてきたなぁ~。。
このビーカー、ちっこくて使い易そうでステキ( ´_ゝ`)

そうだ、今日中に水替えしておこう!
明日、明後日、動けるように帰宅してすぐに水替えを開始しました。
(因みに室内の水槽だけです・・寒いし暗いので、外の水槽は夜にはできないです・・笑)

まずは、水温を合わせて、カルキ抜きを入れます。(ごく普通の事)



この時期だと26℃から28℃くらいに・・・夏場は低めの23~25℃くらいにして入れます。(たぶん普通)



そして、水を入れる時はこのコック付きバケツで行います。



こんな感じにジョロジョロ♪少しづずつ入れます。(もしかしたら気を使い過ぎ)



このバケツ、持ってない人はぜったいにお勧めです(=ゝω・)ノ
素材を入手しました・・・
先日、都内の某ショップさんに行ったのですが、ものすぐく忙しそうだし、かみさんが恵比寿の美容院に行ってて終わったら合流して、食事をする予定だったので、そのまま何も買わず、話もせずに3分くらいで退散(*ノ´□`)ノ

あの繁盛状態なら、うちの近所のADA特約店の方がさびしい状況です・・マジで比較するとうちの近所のショップが心配になるぐらいです(笑)(※追記 : ここの店長、とても良い人です)

で、その時にレイアウト素材とかADA用品を買うつもりだったので、ずっとモヤモヤ状態。。。

今日AM、近所のADA特約店で素材(雲山石、山谷石、ホーンウッド)を購入してきました・・・また、石と木だけでけっこう使っちまったよ(-ω-*)・・・客は私だけなので、レイアウト用の水槽を独り占めして石とかを並べて遊んじゃいました。


帰ってきて庭でパチリ♪(・Θ・)



そして、帰宅して外の金魚水槽の木化石・・・



こんなに真っ黒よ。



酸処理します( ´_ゝ`)



3時間くらいしたら、取り出して真水に1週間漬けて、元に戻します(・ω・`)
蛍光灯管の照度測定
さて、先日は照明の色温度(ケルビン)を測定しました。

その際に光量の話があったので、手元にあったデジタル照度計で測定しました。
※但し、照度の測定は測定距離がシビアに影響します。
一応、距離を一定に合わせて測定しましたが、照度に関してはバラつきがありますので、あくまで参考です。

まずはスドー エステルノ 618i インバーター(20W 2灯式)の1年以上使っていたパンタナルホワイトを再度取り付けて照度を測定 : 377 Lux(ルックス)



そして、今回新品交換した興和製の水草(植物)熱帯魚専用蛍光ランプ 12000Kと、スドー製のプランツマスター 10000Kの照度を測定 : 756 Lux(ルックス)
ほぼ倍ですから、確実に光量がUPしてますね。



続いて、ヴォルテス(30W)も測りました。
照度を測定 : 1110 Lux(ルックス)・・・こやつは色温度だけじゃなく、30Wなのに光量も高いのかい(*ノ´□`)ノ



最後にアクシー パワーツイン 600WW (55W PL管×2灯)も測定。
1245 Lux(ルックス)・・・色温度は低かったけど光量はさすがに高い数値だわ。



ヴォルテスが予想以上に高い数値でしたが、こやつ一灯で60cm水槽を照らしても全面はカバーできないです。
つまり、真下は高光量ですが、外れれば普通の蛍光灯よりも低い値になるはずでして・・。
ヴォルテスはスポットで強いという感じなのです。

この測定器、 1800円です(笑)
蛍光灯管の色温度測定
やっと、ちょっと時間が出来たので、先日届いた蛍光ランプを交換しました。

届いたのはこちら、、、興和製の水草(植物)熱帯魚専用蛍光ランプ 12000K 20W(画像下)と、スドー製のプランツマスター 10000K 20W(画像上)です。

ケルビン1

交換する照明は、スドー エステルノ 618i インバーター(20W 2灯式)です。

ケルビン2

標準で付いている蛍光ランプは、スドーのパンタナルホワイト 6700K 20Wです。
そして、1年以上交換してませんでした。

ケルビン3

でもですね・・・見ての通り、ほぼ1年間グロッソが這ってますから、そんなに悪い状況ではないです。
(この照明、かなり綺麗な反射鏡があるので効率が良いのか調子が良いのです)

ケルビン4

さて、標準のは7190K(ケルビン)と出てますが、この測定器はカメラ用途の為か、それとも測定距離が近すぎる為か2000Kぐらい高く数値が出ます。
なので、5200Kくらいです・・・6700Kの管なのですから1500くらい落ちてしまったのでしょうか?

ケルビン5

続いて、スドー製のプランツマスター 10000K 20Wは・・・11900Kなので、約10000Kですね・・・そのまま合ってます・・・少し青白い光です。

ケルビン7

興和製の水草(植物)熱帯魚専用蛍光ランプ 12000K 20Wは、14800Kなので、12800Kと少し高い数値でした・・・この値になるとかなり青白いですね(-∀-;)

ケルビン8

ついでと言ってはなんですが、水草育成に好評のヴォルテスも測りました・・・11800Kですから、10000Kぐらいですね。
なので、ヴォルテスを使っている方はご存じのように少し青白い光です。

まぁー感じからして、色温度は7000K~10000Kくらいが良いですね・・・なので、12000Kのを使うのなら、片方は7000Kぐらいのを使いバランスをとった方が良さそうです。

ケルビン6

と、うちのニャーも思っているようです(-ω-。`)

ケルビン9

追記 : アクシー パワーツイン 600WW (55W PL管×2灯)も測ってみました・・・測定値9300Kなので、7300Kですね・・・思ったよりも低い数値です。
色温度ですが、コケにも関係しています・・・そして、このアクシー パワーツインは黒髭苔が出易いというレポートを見たことあります(・ω・`。)

オプティマス60 (24W×4灯)は物置なので測定できませんでしたが、これは標準で一灯だけ赤(ピンク?)が付いているので面白い数値になると思います・・・後日。
アクア用途定番の100均商品
今日は猫の去勢でほとんど病院の行き来です・・・
ので、あんまりアクアはできませんでした(*´ω`)

帰りにちょっと100均によって、この定番のガラス鉢を5つ買いました。



これに、キューバパールを植えて。



しばらくすれば、こんな感じになります。



うちは、前景草は全て水上葉栽培していますので、しばらく買ってません。
ショートヘアーグラスなんでボウボウです(-∀-;)
今は、ミニグロッソことエラチネ・ハイドロパイパーも育成中ですが、こいつは増えるのに時間が掛かってます。



そうそう、増え過ぎたミクロソリウムはタッパに入れてそのままにして数か月・・・枯れたり、溶けたりしてないです。

水草って、何気に低温には強いですよね。
プロフィール

SUS(さす)

Author:SUS(さす)
・ガラス製品の扱いが苦手なアクアリストのブログです。(ガサツなだけなのですがね)
・初めての方は「カテゴリ」の「水槽紹介」からどうぞ。
・アクアリウムリンク、ご自由に!(というか、させてくださいn(_ _)n)

ランキング
ランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
カテゴリ
最新記事
アクアリウムリンク
Aquatic Plants Layout Contest 2015
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。