*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
立ち上げ3週間で水質検査・・・
今日は、立ち上げてから3週間が経ったこの2本水槽の水質検査をしました。



使ったのはもちろん、この「aquamind laboratory」の水質測定キットです。



まず、Phと、GH、NO2の3種だけ測定することに決めて、このビーカーで5mlをすくい、試験管に入れます・・・2本の水槽の測定なので、3種 x 2本 = 6本の試験管に水槽の水を入れます。



まずは、Phから測定・・・左の6.4がソイルで立ち上げた石組水槽・・・右の7.4~7.6がサンドで立ち上げた流木水槽。
さすがにソイルで立ち上げるとPhが低いですね・・・水替え直後にこの数値なので、本当はもっと低いかも。でも、どちらも問題ない数値です。



続いてGH・・・総硬度の測定です・・・これ、ちょっとめんどいです。
Aの液を入れたら、Bを一滴入れて混ぜて・・・ピンクから青になるまで何滴入れたか数えて、その滴数がGH値とのこと。。。



で、ソイル+石組水槽はGH2で、サンド+流木水槽はGH3でした。
はじめ石組の方がGHが低いことに?でしたが、考えてみればサンドにGHを上げる物が含まれているのでしょうね。
石組のGH(硬度)が低いとの結果でしたが、石組に使っているキューパパールは、GHが高いのを好むと言われていて、そういえば前回はサンドで立ち上げて成功しています。
今回はソイルでGHが低い状況での立ち上げですが、なんとか育っているのは毎日の水替え効果かも知れませんね。



続いて、NO2(亜硝酸塩)を測りました・・・立ち上げから1週間~1ヶ月程度の間に出るNO2は、初期のアンモニア→NO2→硝酸・・・と、出ればアンモニアが分解される状態になったとの事で、その後でなくなればNO2が硝酸に分解されたとの判断になる。



両方の水槽共にNO2は全く検出されず、この二つは完全にろ過が立ち上がったと判断できます。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
ばっちり立ち上がってますね。

私も同じaquamind laboratoryの物を使っています。
試験管で測定って、実験的で好きです。たぶん男ならだれでもw

ソイルってpH下げますよね。
化粧砂を使った家の水槽も7.4前後だと思います。
パントレセレブルさんへ
はい、順調に立ち上がってます^_^

ここの検査キット、いいですよね。
今度は仕事がない来週日にゆっくりやりますw
No title
試験管、カッコイイ~!
いつか欲しいと、思いつつ・・・ペーパーな試薬を使ってます☆
・・・おぉ~!濾過、立ち上がったんですね!
トカゲ、可愛いですね♪
kotoriさんへ
そうですねー、実験風な物ってかっこいいですよね。

ありゃ、トカゲが可愛いって言う人珍しい・・・うちじゃ、置くなって言われてますw
プロフィール

SUS(さす)

Author:SUS(さす)
・ガラス製品の扱いが苦手なアクアリストのブログです。(ガサツなだけなのですがね)
・初めての方は「カテゴリ」の「水槽紹介」からどうぞ。
・アクアリウムリンク、ご自由に!(というか、させてくださいn(_ _)n)

ランキング
ランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
カテゴリ
最新記事
アクアリウムリンク
Aquatic Plants Layout Contest 2015
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。